閉じる

大貨協連について

会長のご挨拶

会長・重 博文

会長

平素は、当連合会の運営に何かとご支援、ご協力を賜わり誠にありがとうございます。

さて、当連合会は昭和42年に創立し、全国有数の活動する組織の一つに数えられ、また会員協同組合もそれぞれの目的に応じて積極的な事業活動が推進されているところであります。

当連合会の事業は教育情報事業と経済事業の二つが大きな柱となっております。

教育情報事業につきましては、情報提供ならびに会員との連携強化を図るための求荷求車情報ネットワークWebKIT事業大阪版の普及促進をはじめ、協同組合設立および組合運営等に関する指導相談業務を通して中小事業者の組織強化を図るとともに、専門相談員制度の活用、講演会、研修会の開催などを通じて、協同組合の専門知識の向上や活性化を図り、新たな取り組みとして、従業員の健康配慮への高まりを受けた健康経営の普及促進、国際社会共通の目標であるSDGsの普及、啓発により目標達成に貢献してまいります。

経済事業につきましては、会員およびその構成員の利便と経済的利益の還元を図るため、フェリー6社によるトラック航送運賃後払い割引制度、日貨協連グループ保険、法定外労災保険等の取り扱い、ETC2.0車載器、デジタルタコグラフ等各種資材の購入斡旋、高速道路等有料道路の大口・多頻度割引制度を取り扱う会員協同組合の業務代行、豊中庄内共同車庫、車両の故障に対応するロードサービス、(JWS)、業務用血圧計、業務用血圧計測定管理ソフトの紹介、AIロボット点呼機器の販促、電解水素水整水器の紹介など組合員の経営をサポートする事業として幅広い共同事業を展開し、それら事業の拡充強化と新規事業の開発に取り組んでまいります。

今後とも、当連合会では、一般社団法人大阪府トラック協会および日本貨物運送共同組合連合会など関係団体と密度な連携のもと、会員およびその組合員のさらなる飛躍と経済的地位の向上を図れるよう、また皆様の心の拠り所となれる組織を目指して努力を重ねてまいります。

 

                                                                                                                                                                                大阪府貨物運送協同組合連合会

                                                                         会長 重 博文